FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
結実はしたものの
年末に紹介したライチの花、気付いたらひとつ結実しておりました。

ライチ・アヒル卵bb

が、残念ながらこの写真を撮った3日後に落下。
木が若いのか、温室が密集しすぎて通りすがりに擦ったのか。

でも、実のなることはわかったので将来に期待です。

ウニ

久々のアングレカム
この1年半ほど、温室では洋蘭の入荷育成を中止しています。
熱帯果樹中心に環境づくりをしていると、洋蘭には必ずしも合わなかったりして生育が思わしくない。管理不行き届きの面もあるのですが、逆に人手の問題で十分に管理できなくなったという事情も生じていました。

当時健康だった株はすべて販売し、残った売り物にならない株を育てていました。その後育ちの悪い株は枯れましたが、中には姿は悪くなっても野生化して元気に成長している株もあります。また生花部がギフト用で入荷して売れ残ったものが下がってきたりもします。

ということで温室はいまだに結構洋蘭の鉢が多い。そんな洋蘭たちもブログで紹介していこうと思います。

今回は大型のアングレカム。
現在3鉢だけ残っていますが、その理由はラベルの紛失でした。
そのうちの2鉢がこの冬に咲きましたので品種がわかりました。

多分ビーチーだと思う株;
ビーチー?aa

多分エバーニウムだと思う株。
エヴァーニウム?aa

断定はできないけど、在庫帳と花の比較(過去の写真との比較)からほぼ間違いなさそう。
この2株はとても生育がいいので、しばらくこのまま育ててみようと思います。

ウニ
リュウガンの開花
本年もよろしくお願いいたします。
昨年の最後に紹介したライチの開花と同じころ、リュウガンにも花芽が。

リュウガン蕾①_R
    リュウガン蕾②_R

丸く見えるのは実じゃなくて蕾です。
その後の開花はライチよりもだいぶ時間がかかりまして、今年になってようやく開花し始めました。

リュウガン蕾①_R
    リュウガン蕾②_R

今日あたりは雌花とは別におしべのある雄花(両性花)も見えます。
(写真がちょっとピンボケ)

リュウガン開花拡大_R

受粉するかどうかは???
ウニ
ライチの花
ライチに花芽が出てきました。
ライチ①d

「あひる卵ライチ」という品種だそうで、接木苗から3年目。
今年が初花です。
ライチ②d
(まだ蕾です)

1週間後、開いてきました。
ライチweekafter①

雌花と雄花が散見できます。
ライチweekafter②

でも結実するには、まだ木が若いかな。

ウニ
アテモヤ・ジェフナーの実 その後
10月の中旬に着果を確認し、急に寒くなって慌てて温室に入れたのが11月4日。
その時の写真が前回(11/6)の報告にあります。(着果後20日くらい)

その後の温室での状況です。

ジェフナー①cc 着果後30日ほど

ジェフナー②cc 着果後50日ほど

ジェフナー③cc 着果後60日ほど(現在)

今週は極端に寒くなって暖房が間に合わず温度が下がり気味。
そのせいか成長が止まった感があります。

何とか頑張ってほしいけど・・。

ウニ

Copyright © 2021 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.