FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
パフィオのロス
と言えばロスチャイルディアナムですね。
このブログでも何度か紹介してきました。
原種なのに"パフィオの王様"と言われ(蘭界の王様と言う人も)、Wikipediaにも「最も観賞価値が高い」と書かれた品種です。100年以上前にボルネオ島で発見され、しかしその後不明になったことから「幻の蘭」とも言われました。再び現地で発見されたのは比較的最近で20年ほど前のことです。今ではワシントン条約の規制対象となり自生株を輸入することはできません。

ロス①b 頂花が開き始めたところ

ロス②b 一番下の花

ロス③b 中段の花

ロス④b 頂花

ロス⑤(RobinxMont Millais)b ロス⑥(1ヶ月半後)
         全体                  1ヶ月後

今回咲いたのは実生株の初花で、"Robin"と"Mont Millais"という固体の掛け合わせです。実生の初花なのにひと月以上も咲き続けました。

それにしてもこの花、かつては超高値でとても手が出なかったんですけどね。

ウニ

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.