FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
ラクホク
ラクホクは、リカステの中でも一世を風靡した、あのオーバーンの子供です。
オーバーンの中でもディッチリングという、セミアルバ系の固体の子供ですが、当温室にある株はピンクのぼかしで、何ともエレガントな花を咲かせました。

リカステ・ラクホク②

色だけでなくボリューム感といい、この花は展示会に出品すれば入賞しちゃうかも、と思うくらい素晴らしい花です。
実を言うと、期待はセミアルバ系の花でした。
でもいいです、こんな立派な花が咲けば。

実生苗を育てる楽しみ、それは花が咲くまで続くのです。



蘭の交配で、良花が出る確率は宝くじ並みと言われています。
じゃあ、良花でないのは何なのかと言いますと、それでもやはり蘭は蘭、それなりにきれいな花を咲かせます。

このラクホクのように両親が超優良花の場合は、宝くじ並みどころか、優良花以外は出ない、と言ってもいいような気がします。



ウニ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.