FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
モア・ジュテーム
うむむ、これは・・・。
日本語にすれば、「もっと愛を」

これはシンビジウムの名前です。
それにしても、作者はどんな思いでこんな名前をつけたのだろうか。

この株、一番花芽が終わりかけた頃に2番花芽が開花し始めてます。しかもアーチ仕立てにもかかわらず、仕立てた後に3番花芽が後ろ向きに出てしまい、お手上げ状態。
まあ、何とも体裁の悪い株なんですが、写真のようなカナリアイエローがとても印象的だったので仕入れてしまいました。
今はギフト用シンビコーナーに置いてありますが、早々と温室に引き取って来年用に育てた方がいいかも。

モアジュテーム

シンビジウムは、贈り物として胡蝶蘭と並んで人気があります。
いろいろな品種が普及して年中見られるようになりましたが、やはり今の時期が最盛期です。

ところでシンビに限らず、シクラメンやポインセチアなどイメージ的に需要期が決まっている花は、生産者がその開花調整にとても苦労する花でもあります。
育ててみるとわかりますよね。


その時期に合わせて咲かせるなんて、本当に神業です。

してその極意とは、「花と友達になって一緒に生活することだよ」・・・とはSさんの弁でした。


ウニ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.