FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
原種のパパイヤ?
こちらも、珍しい木に花芽が出てきました。
パパイヤの仲間です。
Carica goudotiana B

パパイヤゴードティアナと呼ばれているようですが、調べてみるとちょっとややこしいかも。

よく目にするパパイヤはカリカ属(carica)の植物で、正式にはカリカ属パパイヤとなります。
ややこしいことに、カリカ属という学名はバスコンセレア属(Vasconcellea)に変わり、カリカという名は今では通用名のようです。つまり、バスコンセレア属パパイヤ、というのが一般に食べられているパパイヤの学名です。

写真の蕾は、バスコンセレア属ゴードティアナと言って、パパイヤの親戚(原種のひとつ)になります。
性質はパパイヤに似て雌雄別花、ただ、パパイヤが草本なのに対し、ゴードティアナは幹が木化して6mを超える木のようになる、とあります。
確かに、当温室でもぐんぐん伸びるので、夏に何回か切り戻しを行いました。
結果として、背丈の割には根元が結構太くなってます。

Carica goudotiana(tree)


ただ、パパイヤに似るとなると、今回の蕾は雄花の可能性が高い。
一般のパパイヤでも若いうちは雄花ばかりで、雌花は木がしっかり成長しないと出てこないので。



ウニ

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.