FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
冬を越した果実たち その4:カニステル
カニステルも温室の定番ものになりましたね。
過去ログを見てみると、何と一年以上前に試食に失敗した記事が最後で・・。
実はその後再び実をつけまして、追熟中の記事は店のブログに見つけたのですが(11月)、その後の報告がされてないことに気づきました。

ご安心下さい。
あの焼き芋のような美味しい食味だったそうです。

ということで、この木の育成にも力が入ってきました。
写真は、毎年2回実をつけてくれる見本樹の実です。
前の実を収穫したときにはすでに幼果になっていて、冬でもぐんぐん成長中。

カニステルの実B

カニステルを初めて食べたのはおよそ10年ほど前です。
沖縄の生産の方に紹介してもらい、味わったときはその変わった食味が衝撃でした。

それから接木の見本樹と実生の苗をもらい、育成を始めたのですが、花はよく咲くのに実がならない。
ネットなどで調べてみると、受粉のメカニズムが変わっていて、花がスポッと抜けて落ちる際に受粉するのだがその確率が数百分の一だとか、なんかそれらしいことがたくさんでてきます。

で、諦めつつあった5年ほど前に、当店第一号が着果。しかし幼いうちに落ちてしまい、そんなことを2年ほど繰り返して、3年前に初めての収穫。そのときは、その食味にスタッフ一同大賑わいでした。

不思議なことに一度実がなると、その後は毎年2度、確実に実をつけています。
当初実生で入荷した株も6~7年で開花しましたが、今は完売。

昨年は、2代目の実生株(6年目)の一部も実をつけました。木が大きくなりすぎたので、この夏に整枝して販売の準備にかかります。

当店の実生株も順調に生育しています。


ウニ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.