FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
ダイエリアーナ
ネペンテスのダイエリアーナです。
ウツボカズラの中では大きな袋をつける品種です。
売れ残った1鉢を見本品として温室で育てていますが、毎年よく咲きます。

ネペンテス・ダイエリアーナ①_R
上がってきた花穂

ネペンテス・ダイエリアーナ_R
蕾が膨らんできました

ネペンテス・ダイエリアーナ②_R
めしべ?が出てきた

と、ここまでで開花した時の写真を撮り忘れました。
この開花は昨年の10月のものです。

(※花の写真は2017.8.21付の記事にあります。)

ウニ
スポンサーサイト



タッカ・シャントリエリ
この花はこれまで「ブラックキャット」や「デビルフラワー」など通称で紹介してきましたが、これからは正式名の「タッカ・シャントリエリ」として紹介します。東南アジアの密林に自生するタシロイモ科の植物です。(イモの仲間)

1.苞が上がってきたところ
シャントリエb

2.苞が開いて蕾が出てきた(髭のような糸状のものは不稔性花柄と言います)
タッカbb

3.順次開花中(ちょっと見難い、過去記事にきれいな写真があります)
タッカbbb


以上、昨年12月はじめに開花したときの写真でした。

ウニ

ホヤ・インペリアリス
昨年の11月に咲きました。
当温室では春と秋によく咲きます。
204インペリアス①_R
   204インペリアス②_R

こんな感じの蕾です。
204インペリアス蕾_R

こちらはなんか雑草のように付着していてた株。
自生地ではなく生産場でついたのだと思います。
小型ですがホヤっぽいので育てていたら蕾をつけました。
204ホヤ_R

品種はわかりません。
ちなみに、開花の写真も撮り忘れてしまいました。
今年に期待。

ウニ
Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.