FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
カシューナッツの発芽
昨年10月にも播種しましたが失敗しました。このときは播種した途端に気温が下がり、見事に腐らせてしまいました。過去の経験から、カシューナッツの発芽には20~25℃くらいの気温が適しているようです。また、種は非常に腐りやすい(カビが生じやすい)ので工夫が必要です。尚、種が古くても発芽しません。新鮮な種だと早くて播種後2日で発芽したときもありました。

カシューナッツ②_R

実は今回も、播種した途端に気温が下がってあせりました。でもその間(4,5日間くらい)に水を控えめにしたのがよかったようです。温室内の昼の気温が25℃、夜温が18℃くらい(朝は35℃くらいになることも)になって発芽し始めました。写真は10日ほど前の様子です。

カシューナッツ①_R


シーズンたけなわとなりまして、このところ更新がままなりません。
母の日が終わるまでは店も落ち着かないと思います。

ウニ


スポンサーサイト
マカダミア不調
このお正月、マカダミアナッツの木(温室の見本樹)の各枝先に一斉に蕾がつきました。
これはさぞかしいい匂いに満ちるだろうと思っていたところ、何故か色あせた開花に終わってしまいました。

うーん、蕾がつきすぎた?
あるいは水枯れ、低温障害、直射日光による高温障害、この時期はいろいろな原因が考えられます。
とういうことで、一斉に開花した状態はお見せすることができず、蕾の写真となりました。

マカダミア1b
   マカダミア②b

当温室には自動温度調節(自動開閉装置)がありません。
早朝は氷点下になるこの時期、ひとたび日が昇るとスタッフが出勤するまでの間に室温は急上昇、1時間で30℃、2時間もあれば40℃以上まで上がります。
夜は暖房のため閉め切り、日が昇ってスタッフが来るまでのこの温度上昇が植物たちにとって試練になるわけです。

ちなみに、今はまだいい方で3月にもなれば50℃近くまで温度が上がります。
ああ、自動開閉装置がほしいなあ。

ウニ

マカダミア不調
1個だけ残っていたマカダミアナッツの実が裂果しました。
割れたマカダミア_R

割れ目がさらに大きくなって、これは完熟かな?と収穫。
でもこれまで裂けたことはなかったような・・。
マカダミア完熟_R

よく見ると穴が開いてる。
なんか枯れているような感じ。
マカダミアの種①_R

で、種を取り出してみると、全体の3分の1くらいが空洞に。
マカダミアの種②_R

いやいや、どうやら虫にやられたようです。
でもこの時期、どんな虫がいたんだろう。
温室では幼虫のたぐいは今まで見たことがなかったのですが・・。


ウニ

マカダミアの実
マカダミアの実です。
十数個できた幼果も、自然落下で今はひとつだけです。
やはりちゃんとした人工受粉でないと着果が不完全なのかもしれません。

マカダミアの実b

この大きさまでくれば大丈夫だと思います。
しかし1個だけなので、マカダミア本来の鈴なりイメージがありません。

ということで広告写真には使えませんが、大事な1個になりました。

ウニ

マカダミアの幼果
寒いですね。
温室でも10℃近くまで下がることがあります。
この寒い中、年末に開花の報告をしたマカダミアナッツに小さな実がついてました。
とくに人工授粉はしていません。

マカダミアの幼果①b
   マカダミアの幼果②b
      マカダミアの幼果③b

ちょっと見難いですが、もう少し大きくなったらまた紹介します。

ウニ

Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.