FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
パフィオのロス
と言えばロスチャイルディアナムですね。
このブログでも何度か紹介してきました。
原種なのに"パフィオの王様"と言われ(蘭界の王様と言う人も)、Wikipediaにも「最も観賞価値が高い」と書かれた品種です。100年以上前にボルネオ島で発見され、しかしその後不明になったことから「幻の蘭」とも言われました。再び現地で発見されたのは比較的最近で20年ほど前のことです。今ではワシントン条約の規制対象となり自生株を輸入することはできません。

ロス①b 頂花が開き始めたところ

ロス②b 一番下の花

ロス③b 中段の花

ロス④b 頂花

ロス⑤(RobinxMont Millais)b ロス⑥(1ヶ月半後)
         全体                  1ヶ月後

今回咲いたのは実生株の初花で、"Robin"と"Mont Millais"という固体の掛け合わせです。実生の初花なのにひと月以上も咲き続けました。

それにしてもこの花、かつては超高値でとても手が出なかったんですけどね。

ウニ

スポンサーサイト
雑草??
温室でオンシジュームが咲いています。
この株はラベルがなく、もともとオンシは扱う予定がなかったのですがギフトコーナーから売れ残ってやってきました。
そのためか手入れもしてないのに、毎年2回必ず花を出す強健な株です。

オンシ_R
   オンシ①_R
      オンシ②_R

オンシは新しいバルブが上へ上へとあがって、鉢からもすぐはみ出す、根も乾燥に弱い割には空気を好んでコンポストに納まらない等々、一般の人には作上がりさせるのが難しいランなので店では扱わない方針でした。

でも、こんな株だったらいけるかもしれないな。
それにしてもよく見ると、ほっぺたがベローンと垂れたような面白い顔をしてますね。

ウニ

Lc Maili Beauty
夏咲きのカトレアです。
夏は温度条件がいいせいか、夏咲きの品種は思い切り大きく咲いてくれるようです。

Lc Maili Beauty③_R
   Lc Maili Beauty①_R
      Lc Maili Beauty②_R

当地の夏はカトレアには暑すぎて育てるのが難しいと言われますが、夏に強い品種だったらねらい目かもしれません。

ウニ

ゆりかご蘭
珍しい蘭を入荷しました。
アングロアです。
リカステ近縁の属で、南米北部の高地に自生しています。

この蘭は「チューリップオーキッド」とか「クレイドルオーキッド(ゆりかご蘭」と呼ばれ、"何かに似ている珍しい花"として知られています。このタイトルで検索するか、"アングロア・ユニフローラ"で検索してみて下さい。「揺り籠の中に赤ちゃんが・・・」と少なからず驚くことと思います。そんあこともあって、話題作りにと少しだけ入れました。

ただし、入荷した株の品種は不明。
自分のガラ携ではよくわからないので、店のタブレットで撮ってもらいました。

IMG_2885b.jpg
   IMG_2858b.jpg
      IMG_2894b.jpg

ネットで見るユニフローラのようにはっきりとはしませんが、面影はありますね。
下の萼弁が開いているのでことによるとリカステの血が混じっている(アングロカステ)かもしれません。あるいはネットで見る写真は開く途中のある一瞬を捉えたものだとか。

他にも蘭店から頂いた株がいくつかあるので、これらが開花すればわかると思います。

ウニ



スコッチアナム
アングレカムのスコッチアナムです。
今年も咲きました。
写真を数枚撮ったのですが、みなハレーション?を起こして使えそうなのは1枚だけ。

純白花の写真撮りは難しいです。

スコッチアナム③bb

もっともガラ携カメラの限界かもしれませんが。

ウニ

Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.