南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
インペリアリス
インペリアリスは大きな花の咲くホヤです。
でも花を咲かせるには、株自体を結構大きくする必要があります。
これまで小苗を入荷して育苗に挑戦していますが、なかなか大きくなりません。
ネットで紹介されているほど簡単ではないようです。

そのうち根腐れのオンパレードが発覚して、超水はけのいい土で植え替えました。(前回の記事)
しかしその後の生育もあまりよくありません。
そのときは鹿沼とボラ土(1:2)を使いましたが、鹿沼の酸性がよくないという説もあるようです。
それより、やはり水のやり加減かな。
コツを覚えるまでは時間がかかりそうです。

ホヤコーナーR

インペリアリスはボルネオ島に自生するホヤ。
一般にホヤは日によく当てるとありますが、ボルネオ島のどこなのか、ジャングルの中であればさほど日は当たりません。
これも試行錯誤で確認するしかないですね。

ところで、生産者の方よりインペリアリスの大苗を頂きました。
花もツボミもたくさんついてます。

     インペリアリスR③

ところがこの株、当温室に来て1週間くらいのうちに花やツボミがポロポロと落ち始めました。
今は半分くらいは残っていますが、まだ少し落ちています。
輸送や環境の変化に弱いのか、あるいは当温室の環境が合わないのか、要チェックです。

とりあえずは立派な花、しっかりと堪能しました。

インペリアリスR②
   インペリアリスR①

尚、あと2株ほど到着する予定なので、様子をみて販売開始することとしました。

ウニ

スポンサーサイト
サクララン
ホヤを整備したので温室内に新しくコーナーを設けました。
驚いたことに、半分以上の株は根が発育不良か腐ってました。
それでも空気中に根を出して、何とか株はもってます。

なるほど、元気のなかった理由がわかりました。
入荷時の用土に問題があったようです。
よく見るミズゴケも、使わないほうがよさそうです。

そんな中で、サクララン(ホヤ カルノーサ)が咲きました。
この株も根が発育不良でしたが、株はいたって元気です。

(開花直前)
サクララン_R

(開花)
サクララン(カルノーサ)②_R

新しく使った土は鹿沼2にボラ土1で、これにピートモスとパーライトを少し混ぜました。滅茶苦茶に水はけのいい土です。

サクララン(カルノーサ)①_R


ウニ


ハワイアンパープル
今年も咲きました。
昨年よりはしっかと、ホヤらしく咲きました。

ハワイアンパープル①b
   ハワイアンパープル②b

うーん、そろそろ携帯変えた方がいいかな。
最近はピンボケ写真ばかりですみません。

ウニ

ホヤの花
また咲きました。
こちらも挿し芽苗ですが、入荷後の初花になります。
品種は「ハワイアンパープル」です。

ホヤ・ハワイアンパープルb

ホヤ・ハワイアンパープル②b

お気づきかと思いますが、今回も撮影には高性能スマホのお世話になりました。


ホヤもいろいろ咲いてきたので、本ブログの分類の中でひとつのカテゴリーとして独立させました。

ウニ
サクララン
ホヤ(Hoya)です。
サクラランとして入荷しましたがホヤ・カルノーサだと思います。
今年が初花です。
サクララン(ホヤ・カルノーサ)b
   サクララン(ホヤ・カルノーサ)②b

ホヤはいろいろな種類のものを育成中で、咲き出すのが楽しみです。
毎年紹介している「天の川」も元気に咲いています。
ホヤ・天の川b


ウニ
Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.