南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
アセロラ狂い咲き?
アセロラの花です。
雨を避けて屋内に移したところ、爆発的に咲き始めました。
色もいつもより濃くて、きれいです。

      アセロラ①106

ちょっとこの写真では見難くてすみません。
こんな感じです。

アセロラ②106
   アセロラ③106

最後の写真で、少し実になり始めているのがわかります。
全部実になったらすごいな。ジュースができそう。

この木は四季成りなので、通常は温度さえあればポツポツ年中咲いていますが、低温になった後の夏戻りのせいか一気に花芽ができたようです。
これも狂い咲きなんですかね。

ウニ

スポンサーサイト
アセロラの収穫
今年はたくさ花が咲いてたくさん実もつきました。
しかも例年より大きな実。
管理は特に変えてないので、気候がよかったのでしょうか。

実は色付き始めると、直ぐになくなります。
ん?
アセロラ720②b
   アセロラ720①b

下の写真の実は、写真を撮った2時間後になくなりました。
この色だと、収穫にはまだ全然早いのだけど・・。

アセロラは花もかわいいし実もかわいい。
冬は室内の明るい窓辺ですが、低温にも比較的強くて育てやすいです。
何と言っても、ビタミンCの代名詞のような果実なのも魅力です。

ウニ

アセロラ
今年はたわわに咲きました。
写真ではちょっと見難いかもしれません。
アセロラ②

実もさることながら、花もとてもかわいいです。
アセロラ①


ウニ

アセロラ
今年もよく咲いています。
アセロラ①b

近撮アセロラ②b

さらに・・アセロラ③b

と思ったら少しボケました。

アセロラは夏中咲いてますが主に春と秋で、何故か雨の多いときよく咲きます。
それでも春~秋は外なので、雨に当たるせいかあまり実がつきません。

一方室内に置いておくと実付きがよくなります。しかし日によく当てないと今度は花付きが悪くなるので、その兼ね合いに注意する必要があります。


以前の写真ですが、実の状態はこんな感じ。
   acerorafruit.jpg


ウニ


アセロラ・盆栽風
3年前に挿し木で増やした、アセロラの鉢が1鉢残っています。
翌年から早くも実をつけるほど生育旺盛で、場所をとらないよう剪定に剪定を繰り返していたのですが、気づいてみると、なかなか味のある盆栽風になっています。
アセロラ小品b

ならば、そのまま盆栽造りに挑戦してみることにしました。
小さい木なのに、本当によく咲きます。
アセロラb

アセロラは、強剪定したり根を詰まらしたりしていじめると、よく花をつけるようです。
もともと強い木で、種族保存の本能も強いんでしょうね。

盆栽造りに向いた熱帯果樹です。


ウニ
Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.