FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
ブーゲン
温室のブーゲンです。
屋根を覆う名物大木ではなくて、こちらは夏の売れ残りポット苗です。
これも雑草の扱いになっていますが、よく咲きます。

  ぶーげんaa

ウニ
スポンサーサイト



黄色系の競演
熱帯の象徴とも言える黄色系花の競演です。

・ハイビスカス
個人的に好きなサンセットカラーですが少し黄色が強い。
ラベル落ちで個体名失いましたが、確か特許品種です。
(後日追伸:「イエローベル」でした。過去記事より)
ハイビ1026c

・アラマンダ
この黄色も鮮やかです。
アラマンダ1026c

・ソランドラ
とても強い木ですが非耐寒性です。
花が大きいのでたくさん咲くと見事。
ソランドラ1026c

ウニ

サガリバナ
1代目の見本樹から取木して育てた2代目見本樹の初花になります。

サガリバナc サガリバナ①a

もともとはピンク花だったのですが、何故かこちらは色が殆ど出ませんでした。

サガリバナb

初花のせいかな。
それでも幻想的な雰囲気は変わりません。

サガリバナd

ウニ
ブラックキャット
今年の花です。

ブラックキャットr①

毎年株分けしようと思いながらついつい面倒でやらず、株が巨大化しています。
そのせいか花も大きくなってきました。

ブラックキャッrト③
まだ開花はこれからですね。


正式名(学名):タッカシャントリエリ(タシロイモ科)

ウニ


ティアレタヒチ
ティアレタヒチはご存知タヒチ(フレンチポリネシア)の国花です。
ハワイやタヒチの空港でお出迎えしてくれるお嬢さんたちが、レイにしたり耳飾りにしているあの花です。
クチナシの仲間でとても上品な香りがあります。

温室で昔からある株で、年季が経ってくると大きな花が咲くようになりました。
現在次々と開花中。
2020タヒチティアレb

花びらが8枚の花が咲くと幸福をもたらすという現地の言い伝えがります。
何年か前に当温室でも8枚花が咲きましたね。(過去記事参照)

もっとも、千葉じゃご利益は無理かな。

ウニ
Copyright © 2021 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.