FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
テンニンカ
テンニンカは「お店のブログ」の方で紹介されていました。
東南アジアから沖縄まで自生するフトモモ科の常緑低木です。
可愛らしい花の後に実がついたので調べて見ると、生食可能でブルーベリーのような味だという。

収穫までもう少しのようなので一応楽しみにしています。

625テンニンカ
   915テンニンカ
      テンニンカの花(上)と実(下)

ウニ

スポンサーサイト
ブラックキャット
夕闇の中で温室の掃除をしていたら、茂みの中からいきなりヌーッと現れたので驚きました。
1年半ほど前に大株を仕入れて株分けしようと思っていたやつです。
そういえば昨夏も、暗闇の中からヌーッと出てきたっけ。

別名デビルフラワー。
本領発揮かな。

ブラックキャット①_R
   ブラックキャット②_R
      ブラックキャット③_R
         ブラックキャット④_R

それにしても本当にグロテスクですね。

ウニ



花びら8枚カリナータ
先日紹介したティアレのカリナータです。
冬季になるとぎゅうぎゅう詰めで足場もないほどの温室で、花が咲くとようやくその存在がわかります。
すると、何と花びらが8枚。
以前にも書きましたが、8枚花びらのティアレは幸福をもたらすと現地では言われています。

カリナータも仲間だからそうかなあ。

カタリーナ1206_R


ウニ

ネペンテス レディーラック
またまたウツボカズラです。
Nepenthes "Lady Luck"
こちらは赤い袋が人気の交配種。

レディーラックr

温室で育てていますが観葉コーナーで販売しています。

レディーラックr①
   レディーラックr②

育て方も簡単。 置場は、冬は室内です。

ウニ



カリナータの色変化
店にある別株のカリナータも咲きましたので咲き始めの色を撮りました。
カリナータB①_R

きれいな白色です。ティアレタヒチと変わらないですね。
でも次の日の朝には;
カリナータB②_R

これからさらに濃くなって、散る頃にはほぼオレンジになります。

ウニ

Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.