FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
スターアップルの幼果
毎年咲くのですがどんなに人工授粉しても一向に結実しないスターアップル。
もう諦めて放置していたのですがふと見ると小さな実が。
ところが茎の部分をカイガラムシにやられてまして、洗い落とした後の写真が下。

スターアップル①
真ん中に見える小さいのが実です

スターアップル③
茎の部分にカイガラムシにやられた跡があります


実はこの写真は4日前のもので、現在はもうシケる寸前です。
もう少し早く気付けば・・。
でも、実がついたことの証拠の写真になりました。

ウニ


スポンサーサイト



アボカド
アボカドの花が咲きました。
人気のフェルテという品種です。
アボカドの花はチェリモヤなどと同じで雌雄異熟花です。
ただ、これがなかなか面倒くさい。

アボカドの開花特性にはAタイプとBタイプがあって、フェルテはBタイプです。
まず午後に雌ステージとして開花し、夜には閉じる。
翌朝今度は雄ステージとして再び開花し午前中で閉じる。
要は前後に咲いた別の花の花粉が必要なわけです。
でもこれって・・・・、

雌雄が午前と午後に分かれたんじゃあ、どうやって受粉するの?
といろいろ気になるのですが、とりあえず写真を。
ネットで調べて自分なりに判断したものです。

雌ステージの状態
アボカド・フェルテfemale①_R
    アボカド・フェルテfemale②_R

雄ステージの状態(花粉が見える)
アボカド・フェルテmale①_R
    アボカド・フェルテmale②_R

それにしても面倒くさいですね。
ただ、午前と午後でステージが分かれるとあったけど、実は上の写真はすべて昼に撮ったものです。

おそらく、そんなに厳密じゃあないんでしょうね。

ウニ

昨年開花した温室の果樹たち その8・パパイヤゴードティアナ
昨年も花芽が出たのですが、台風でやられてしまいました。

1119パパイヤゴードティアナ

木自体もかなり損傷したのですがその後復活。
今年の夏以降に期待です。

ウニ
今年開花した温室の果樹たち その3・スターアップル
スターアップルも3年ほど前から開花していますが実がつきません。
今年はやわらかい絵筆を使って人工授粉してみました。
が、やはりダメでした。

スターアップル①bb
   スターアップル③bb
      スターアップル④bb

ウニ
いろいろ咲いてます
温室ではいろいろな花が咲き始めました。

Harpullia ramiflora
前にも紹介したよくわからない果樹です。
Harpullia ramiflora ①_R Harpullia ramiflora ②_R

キンキジュ
初花です。(まだツボミですが)
キンキジュ_R

ゲットウ
今年は早くから開花。
ゲットウ_R

ところで今年の3月はすごいですね。
低温記録と高温記録が両方でました。
温室では温度管理が大変です。

ウニ


Copyright © 2021 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.