FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
アメイシャの実
このところよくなります。
やはり木が十分大きくなる必要があるようです。

アメイシャday

この実は熟した後の進行が早くて、タイミングよく収穫して食べないと痛んでしまいます。
冷蔵庫に入れれば多少は持つようですが。

なるほど、これでは流通しないわけです。
熱帯果樹にはこういうのが多いですね。

でもこれ、ヨウカンのようでおいしいです。
自分で育てないと食べれません。

ウニ

スポンサーサイト



相変わらず寒いですね
寒いですね。
トシをとると固定観念から抜けられず、7月は半袖と決めていたのですがちょっと無理な寒さです。
今日の予報では、当地はこの寒さがしばらく続くと言ってました。
昨日まで猛暑猛暑と騒いでたくせに・・・。

そもそも、天気予報はコンピューターが過去の経験則を基にしてやってます。
予報士の人は表現に肉付けしているだけなので大元の予報は同じ。
当たらないということは過去の経験則に従わないということ。
そうなるともうカオスの世界ですね。

予報士の人はたまんないだろうな。
コンピューターに謝らせるわけにもいかないし。
だいたい、今日の当地は昼から晴れてますが、今朝の予報でこの晴れを当てた人は知る限りないです。
クレームも多いんだろうな。
それでも謝らずに鉄面皮で頑張るとか。
たまらんねえ。

なんて話は別にして、この寒さで温室の果樹たちにも影響がでてきました。
このままじゃあ農作物にも影響がでないかと心配です。
自分も果樹たちも大嫌いな夏の猛暑なれど、早く梅雨が明けてほしいです。
夏はやっぱり暑くなくちゃ。
そこそこにね。

写真はもうすぐ収穫のアメイシャです。(後ろはキーツマンゴー)

2019アメイシャbb


マンゴーの花芽
もう少し暖かくなってからの方がいいのですが、今年も出てきちゃいました。
気の早いのはもう満開です。

アップル
131アップル①_R
   131アップル②_R

ピーチ
131ピーチ_R

ピーチは昨年暮れに出てきたのは落としたのですが、また出てきました。
株が十分に大きくない場合もやはり落としています。

ウニ

キンコーマンゴーの収穫
収穫というより、これもやっぱり落ちてました。
例年は温室にしまいこむ前に完熟するのですが、今年は随分時間がかかりました。
着果したまま温室の奥に入れて、そのまま忘れていたのです。
で、気付いたら網袋の中に落ちていた。

キンコー_R 10月下旬の状態

キンコー落下_R 網の中に落下していた

キンコー収穫_R 収穫時600g(ちょっと小さめ)

収穫したときは例年と較べてまだ緑が多かったので、少し追熟してみました。

キンコー追熟_R 追熟1週間後

キンコー盛付_R 盛り付け

今回は、どちらかというと"普通のマンゴーの味"だったような気がします。
やっぱり樹上完熟じゃないとあの格別な味はでませんね。

ウニ

バーノン初収穫
ホワイトサポテ・バーノンの実が熟れて落ちてました。
6月下旬の着果で、ネットなどで調べると完熟まで7、8ヶ月ということで、成長記録も10月までで一休みしていました。
ところが先週末に気付いたら落ちていた。
5ヶ月での落下は、完熟なのか早熟れなのか不明です。
落ちた実はかなり柔らかくなっていて、明らかに熟れ過ぎの感じ。

バーノンb
10月下旬の状態

ホワイトサポテb
落下後(落下してからどのくらい経ったのか不明です)

食べてみました。
甘くてまったりとクリーミー。
とてもおいしかったです。

ホワイトサポテの種b
種です。この時期なので植えても芽がでるかどうか。


ウニ

Copyright © 2019 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.