FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
復活か? マンゴスチン苗
3年前に発芽したマンゴスチンです。
とにかく嫌になるくらい成長が遅いです。
そのうちのひとつは葉が全部落ちてしまいました。
しかしマンゴスチンは原始の木、幹だけになっても枯れないで粘っていた。
そしてついに・・・、
マンゴスチン①_R

真冬だというのに葉が出てきました。
赤い新葉はだんだん緑に変わって、いよいよ復活?
マンゴスチン②_R

全体はこんな感じ
鉢の雑草を見れば枯れても無理はない??(汗)
マンゴスチン③_R

さすがは原始の木。
2番目の葉も出てきました。
どうやら復活しそうです。
マンゴスチン④_R

温室育ちのマンゴスチンは10年経っても幹が木化しないといいます。
根気の勝負ですね。

ウニ
スポンサーサイト



マンゴー幼果
年末にいろいろな種類が咲いたマンゴーですが、実が育ってきたのは株の大きいアップルとキーツだけでした。
   アップル2週間前_R
    アップル(2週間前)
      キーツ_R
      キーツ

アップルは2つついてますが、そのまま大きくなってきたのでどちらかを摘果しようと。ところがこれがなかなか迷ってしまう。
   アップル_R

なんとなく写真左の実の方がよく見えたのですが、よく見るとその先端にひび割れが。 で、右の実を残しました。

ふう、危なかった。
でも時期が悪いので順調に育つのは難しいかもしれません。

   アップル割れ_R
   (ひび割れた実)

ウニ
パパイヤゴードティアナ
冬にも開花しました。
どうやら周年開花性のようです。

でも結実しそうもないです。
やっぱり雄花ばかりなのかな。

パパイヤゴードティアナ②_R
   パパイヤゴードティアナ①_R
      パパイヤゴードティアナ③_R

ウニ
アボカド
アボカドの花が咲きました。
人気のフェルテという品種です。
アボカドの花はチェリモヤなどと同じで雌雄異熟花です。
ただ、これがなかなか面倒くさい。

アボカドの開花特性にはAタイプとBタイプがあって、フェルテはBタイプです。
まず午後に雌ステージとして開花し、夜には閉じる。
翌朝今度は雄ステージとして再び開花し午前中で閉じる。
要は前後に咲いた別の花の花粉が必要なわけです。
でもこれって・・・・、

雌雄が午前と午後に分かれたんじゃあ、どうやって受粉するの?
といろいろ気になるのですが、とりあえず写真を。
ネットで調べて自分なりに判断したものです。

雌ステージの状態
アボカド・フェルテfemale①_R
    アボカド・フェルテfemale②_R

雄ステージの状態(花粉が見える)
アボカド・フェルテmale①_R
    アボカド・フェルテmale②_R

それにしても面倒くさいですね。
ただ、午前と午後でステージが分かれるとあったけど、実は上の写真はすべて昼に撮ったものです。

おそらく、そんなに厳密じゃあないんでしょうね。

ウニ

昨年開花した温室の果樹たち その8・パパイヤゴードティアナ
昨年も花芽が出たのですが、台風でやられてしまいました。

1119パパイヤゴードティアナ

木自体もかなり損傷したのですがその後復活。
今年の夏以降に期待です。

ウニ
Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.