南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
サチャインチ
サチャインチ(アマゾングリーンナッツ)の発芽です。
サチャインチ発芽b

種子の皮がついて出てくるので、手で除いてやると双葉が揃いやすくなります。
サチャインチ幼芽b

今回の種は出来が良かったようで、ただいま太い茎をぐんぐん伸ばして成長中。

近々オンラインショップで幼苗の販売予定です。

ウニ
スポンサーサイト
サチャインチ収穫
サチャインチ(アマゾングリーンナッツ)を収穫しました。
サチャインチ収穫①b

中にはタネがあるだけです。
サチャインチ収穫②b

ナッツとして食べてもおいしいらしいですが、今回は発芽用とします。

サチャインチは当温室ではマイナーな存在ですが、巷では健康食品として大変有名な植物です。
というのも、ナッツ(タネ)に含まれているオメガ3のアンチエイジング(老化防止)効果が強いと言われているからです。
ネットで検索してもたくさん出てきますよ。
「サチャインチオイル」、「グリーンナッツオイル」などで検索してみて下さい。


ウニ
完熟サチャインチ
母の日で店全体がバタバタしている中、サチャインチ(アマゾングリーンナッツ)が茶色くなっていよいよ完熟です。

サチャインチ変色B

今回は種を採取して、繁殖を試みることにしました。


ウニ
冬を越した果実たち その5:サチャインチ
サチャインチの実も順調に大きくなっています。
サチャインチの果実②B


これが茶色になって、グロテスクな感じになったら収穫です。
本ブログでは、サチャインチではなく通用名の「アマゾンナッツ」でカテゴリーをたててあるので、そちらの過去ログを見てみて下さい。

グロテスクな果実の写真が載っています。


ウニ
サチャインチ(アマゾングリーンナッツ)の実・成長中
サチャインチの実がひとつ肥大してきました。
サチャインチの幼果b

やはり、ラッパのように伸びた花の根元の部分が膨れてきた感じです。

サチャインチの幼果②b

しかしよく見ると、ラッパのように伸びてもそのまま枯れてしまう花もあります。
つまりラッパのように伸びるのが受粉の合図ではなかったんですね。
ということは、これが雌花ということになって、雌雄異花説が正しかったことになるんでしょうか。

ところで、朗報です。
ネットでよく調べてみると、サチャインチは「インカピーナッツ」の愛称でよく食べられていることがわかりました。
で、今はその食べ方を調べているのですが・・・、やはり実生に挑戦する方が優先かな。




ウニ

Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.