FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
サチャインチの花
サチャインチの花が開花してます。
サチャインチ開花①b

この植物は、木というよりはアサガオやゴーヤのような蔦性で、アマゾングリーンナッツとかインカナッツとか呼ばれています。
で、開花の状態をよく見ると、普通に開いている小花と、ラッパのように長く突き出たのがあります。
この違いがよくわからなくてネットなどで調べてみたのですが、やはりわかりませんでした。
中には雌雄異株と書いてあったり(当温室では一本で結実してます)、雌雄異花との記載も見ましたが、情報の信憑性がイマイチで・・・。
要は、情報が少なくてよくわからない、ということです。

この花をよく見てみると、
サチャインチ開花②b

ラッパのように突き出た花の元の方で子房のようなものが膨らみ、既にあの5角形の実の形をしているではないですか。
実際、サチャインチの幼果には、このラッパのような先端の部分がヘソのようについていたことを思い出しました。
ということは、受粉すると突き出てくる??
謎の多い生態です。

ところでこのサチャインチ、オリーブのようにオイルの原料として使われるだけで、生では食べないそうです。
でも、そのオイルにはオメガ何とかというのが含まれていて、とっても健康にいいとかで、かなりの数の関連商品が販売されてるんですね。

うーん、かくなる上は、オイル作りに挑戦するしかないか。


ウニ
サチャインチ
アマゾンナッツ(サチャインチ)にも花芽がでてきました。
サチャインチの花芽b


どんな実がなるのか、過去ログで検索してみて下さい。
収穫できたら、今度は味わってみようと思います。


ウニ
アマゾンナッツ
正確には「アマゾングリーンナッツ」と言うようです。
あるいは、「インカナッツ」、「インカインチ」、「サチャインチ」などとも。
アマゾンの熱帯雨林が原産で、古くはインカ文明においてもその痕跡が見られることから、「インカのピーナッツ」とも呼ばれるらしいです・・。

近年では2004年に、インカインチヴァージンオイル(商品名)としてフランスで紹介され、『パリ・ウォルル食用油サロン』で見事金賞を受賞。食べて美味しいオメガ3オイル(健康にとってもいいらしいのです)としてブームになりました。日本では、この実を見た人はまず殆どいないと思います。
 ※なぜ健康にいいかというと、オメガ3という成分に血液をサラサラにする効果があるらしい。

トウダイグサ科の蔦性植物で、樹木ではありません。
当温室でも、早いものでは苗から1年で実がなるスピード収穫です。
写真のような5角形の実がなります。

サチャインチ(アマゾンナッツ)の実

完熟すると、下の写真のように・・・。

完熟サチャインチ

おお、ちょっとグロテスク??
いろいろ調べても、種から簡単にオイルを採る話はあるのですが、ナッツをそのまま食べたという記事がなかなか見つからず・・・、迷っているうちに写真の実は消失してしまいました。

うーむ、ちょっと臆病すぎたかも。
今度なったら、ナッツの食味に挑戦してみようと思います。




ウニ
Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.