FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
今年のドラゴン・総括
今年は10個ほどの花が咲きました。
そのうち3個は人工授粉で実をならせ、その後は放置したのですが自然交配でさらに3個ほど実がなりました。
近年ではなかなか豊作です。

ドラゴン自然交配c

まったく手入れをしておらず、伸び過ぎた茎を詰めているだけです。
赤身と白身があるのですが、茎が入り組んでどれがどれだかわからなくなったのが難点です。

ドラゴン白c
     ドラゴン赤c

ちなみに、赤も白も味は同じ。
(自分の味覚が鈍いのかもしれませんが、スタッフ一同も同様に申しております。)

ウニ
スポンサーサイト



ドラゴン収穫
ひと月ほど前に紹介したドラゴンフルーツの花、朝しおれてからの人工授粉でしたが4個のうちの2個が結実しました。
数が少なかったので結構大きな実に。

908ドラゴンa

この写真の後、収穫して冷蔵庫へ。
ひとつは赤実だったそうです。
もうひとつはまだ。

現在は新しい蕾も出てきてます。

ウニ
今年のドラゴン
温室の一角にある例のドラゴンの密林。
今年は今のところ4個蕾をつけました。
写真はだいぶ大きくなってきたところです。
ドラゴンフルーツas

昨年一昨年と人工授粉をしなかったら実がつかなかったので、今年は行うことに。
と、知らない間に花が開いていた。
ご存知の通りドラゴンフルーツは夜開性です。(月下美人と同じ)

翌朝まだ開いていたので慌てて受粉したのですが、果たして有効かどうか。
ちなみに、4個とも全部翌朝になって人工授粉しました。
   ドラゴンフルーツs

ウニ


今年のドラゴン2018
温室の角(空調機の脇)にドラゴンフルーツの"密林"があります。
毎年何とかしなきゃと思いつつ、もう何年も放置。
今では伸び過ぎてはみ出てきた茎を切ってそのまま安価でお分けしています。
この茎は乾燥状態で保管すれば何年も持ちます。
土に植えて水をやれば根が生えて成長を始めるのです。

40日ほど前、そのドラゴンの林に終わったばかりの花を2つ発見しました。
ドラゴンは一夜花で既に閉じていたので人工授粉もしませんでした。
しかしその後実ができてすくすくと育ち、収穫間近となりました。
ドラゴンの花①
726ドラゴン花終り①_R 花終り726
  822ドラゴン①_R 822
    824ドラゴン①_R 824
      903ドラゴン①_R 903

ドラゴンの花②
726ドラゴン花終り②_R花終り726
  824ドラゴン②_R 824
    903ドラゴン②_R 903

ミニドラゴンの実も順調に育ちました。
ミニドラゴン_R

ところが今日になって・・・、
角の窓桟に挟まって育っている実をもうひとつ発見。
904ドラゴンbbb_R 温室の外から撮影

さらにもうひとつ・・・、
904ドラゴンaaa_R 温室の外から撮影

実はこれ、開花直前の蕾です。
温室の窓ガラスに当たって潰れてます。
ところがこれ、何しろ"密林"なので動かすことができず、無理に向きを変えればもげてしまうので、どうしようかと思案中。

ウニ



今年のドラゴンとミニドラゴン
放任状態でしたが、それぞれ1個づつの収穫となりました。

ドラゴンb ドラゴンフルーツ

ミニドラゴンb ミニドラゴン

それより何より、今年も手付かずだった密林状態のドラゴン。
温室の天窓からも突き出てしまったため、冬までには最低限の剪定が欠かせなくなってしまいました。

ああ、今から気が重い。

ウニ


Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.