FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
熟れすぎちゃったカニステル
カニステルの実のことをすっかり忘れておりまして、先日ひとつが下に落ちていたのを発見。
もうかなり柔らかくなっていたのでそのまま食してみると、

濃厚な香り、そして味・・、というより、明らかに熟れ過ぎでした。
熱帯果樹特有のモワッとした刺激臭が鼻をつき、甘過ぎてちょっと・・・。

とりあえずタネを採って植えておきました。
ただ、すっかり秋めいた昨今なのでどうなるかわかりません。

落ちていたカニステルの実。下は同じく収穫したプラム(スタンレー)
916カニステルとスタンレーb

カニステルのタネ。少し発根していました。
小さいのはシャカトウ。
916種カニステルとシャカトウb

もうひとつのカニステルの実
もう少しで収穫です。
919もうひとつのカニステルb

ウニ

スポンサーサイト
カニステルの実・その後
カニステルの実はその後、ひとつ早熟れして落ちましたが、残りの2個はまだ肥大中です。
天候不順のせいかちょっと生育が遅いです。

705カニステル①_R
   705カニステル②_R

一方若株の方は相変わらず、花芽がどんどん上がっています。
706カニステル_R
   708カニステル_R

過去の経験から、こんな風に密に花芽があがると結実の可能性が高くなります。

ウニ

今年は3個成長中
毎年1個か2個収穫していた温室のカニステル見本樹、今年は3個の実が成長中です。
カニステルってホント、焼き芋みたいでおいしいです。(ただし温かくはありません。)
昨今の温度変化(暑くなったり寒くなったり)で生育がイマイチ芳しくありませんが、何とか収穫したいものです。

カニステル①_R
   カニステル②_R
      カニステル③_R

ちなみに、販売樹の方にも小さめながら実がついて、ここ数年収穫しています。
今年も今のところ、夥しい数の蕾が群生しています。

ウニ

カニステル発蕾
今年も枝先という枝先にびっしりと蕾をつけました。

カニステル930b

カニステルは当初、いくら咲いても実がつかなかったのですが、今では何もしなくても実がつきます。ただ、おびただしい数の花の割には着果しても1個か2個。 どうやら数打ちゃ当たる、というのがこの木の方針なのかもしれません。

数打ってもなかなか当たらない木もありますけどね、アカテツ科には。

ウニ

カニステル収穫間近
冬季は外から多くの仲間たちが避難してくるので、どうしても温室がバックヤード状態になってしまいます。本当は育成温室と展示用温室の2つほしいところなのではありますが・・・。

温室の鬱蒼とした葉陰でカニステルの実をみつけました。ひとつは接木の株、もうひとつは実生5年くらいの株です。
カニステルAb
  カニステルBb

冬なので通常より小さめの実ですが、元気に成長していたようです。

カニステルは導入して数年間、花は咲けども実がならなかったのですが、近年は花つきも実つきも良い育てやすい熱帯果樹です。糖度も高く、何と言ってもあの焼き芋のような食感は日本の果物とは別世界のものですね。


ウニ

Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.