南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
イランイラン
今年も、温室のイランイランの木(見本樹)がバンバン咲き始めました。
花の見栄えはたいしたことないですが、何と言ってもあの有名な香水、「シャ○ル#5」の原料です。何でもその香りには催淫作用があると言われ、タイのある地方では新婚のベッドにこの花を置く風習があるとか。

どことなくエキゾチックな風貌の花です。
イランイラン2b
   イランイラン3b

咲き始めは緑で、次第に黄色くなります。
咲き始めの方が匂いが強いようです。
イランイラン1b

温室に入ると確かに少し香ります。でも特に、変な気持ちにはなりませんでした。年寄りには効かないのかな。

そこで店の誰かに試してもらおうと思ったのですが、変に疑われるとまずいので止めました。

ウニ

スポンサーサイト
イランイランの乱れ咲き
温室の入り口にあるイランイランの木に、今年も無数の花が咲いています。

イランイランの花②B

       イランイランの花①B

幸か不幸かアロマには不向きなので(匂いに疎いので)、あまりわからないのですが、さすがにこれだけ咲いていると、匂ってるんじゃないかと思います。
例の隠微な匂いとやらが。
なんと言ったってあの有名な香水をはじめ、多くの香水に使われているらしいですから。

温室を訪れた人が変な気持ちにならなければいいけど・・。

などと要らぬ心配もいいとこでした。

イランイランの木は、2年前に大量仕入れした幼苗が、そろそろ開花しそうです。近々ようやくスタートするはずのオンラインショップで、目玉になればと思ってます。


ウニ
イランイラン ~花々の中の花~
キャッチフレーズ続きのついでに、もうひとつご紹介します。
イランイランの木。
インドネシア語で、その意味はタイトルの通りです。

温室にはこのイランイランの大きな木があり、年中開花しています。
下の写真、とーっても見難くてすみません。中央手前がイランイランなのですが、奥にサポジラ、左にブーゲン、右奥にジャガランタの大木などがあってジャングルさながら状態なので・・。
イランイラン

これがイランイランの花です。
iraniranflower.jpg

アロマの世界では有名な花ですね。何よりあのシャ〇ルの#5をはじめ、多くの香水のベースに使われていると言われ、その効能は催淫作用、そう、その気にさせちゃう淫靡な香りを発するらしいのです。ヨーロッパでは新婚の初夜にこの香りを部屋に漂わせるとか、タイではこの花をベッドの脇に置いたりとか・・・、etc、etc。

で、さらに調べると、女性より男性に効果があるらしい、などとも書いてある。
なるほど、だから女性の香水に・・、なのだ。
と思いつつ匂いをかいでみました。

ん? ・・・。 何も匂わん。 (これは若い人にしか効かないのかも。 汗)

このイランイランの木、観察していると面白い特徴があります。
新枝の伸びが旺盛で、毎年大きな枝に成長するのですが、その煽りを食らったように、古い大きな枝が枯れていく。ということで、木の姿が毎年大きく変化するのです。やっぱり、何かあやし気な木ですね。

ちなみに、このイランイランもバンレイシ科。
ということは、チェリモヤとうまく交配できれば、「その気になってしまう森のアイスクリーム」、も夢ではない???

いやあ、また楽しみが増えました。

今年はこの木の小苗を入荷しました。
もうすぐ販売開始です。




ウニ


Copyright © 2018 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.