FC2ブログ
南国の蘭や果樹たちに触れているうちに、気分はすっかりトロピカル。
販売開始
ホタルの木がだいぶ格好よくなってきました。
温度さへあれば次々と花を咲かせてくれます。

ホタルの木②m

当店実生の5年目。
比較的大きく育てたのもあれば小型のもあります。

ホタルの木①m

いよいよ販売開始。

ウニ


スポンサーサイト



ブラックキャット
今年の花です。

ブラックキャットr①

毎年株分けしようと思いながらついつい面倒でやらず、株が巨大化しています。
そのせいか花も大きくなってきました。

ブラックキャッrト③
まだ開花はこれからですね。


正式名(学名):タッカシャントリエリ(タシロイモ科)

ウニ


ティアレタヒチ
ティアレタヒチはご存知タヒチ(フレンチポリネシア)の国花です。
ハワイやタヒチの空港でお出迎えしてくれるお嬢さんたちが、レイにしたり耳飾りにしているあの花です。
クチナシの仲間でとても上品な香りがあります。

温室で昔からある株で、年季が経ってくると大きな花が咲くようになりました。
現在次々と開花中。
2020タヒチティアレb

花びらが8枚の花が咲くと幸福をもたらすという現地の言い伝えがります。
何年か前に当温室でも8枚花が咲きましたね。(過去記事参照)

もっとも、千葉じゃご利益は無理かな。

ウニ
スパティ
売れ残って温室に突っ込んでいたスパティフィラムが巨大化して、1mほどある上の段から顔を出して咲いています。

630スパティ①_R
   727スパティ②_R

中には、でかくなりすぎて顔を出せなかった花も。

727スパティ③_R

何でも野生化させるのが大好きな管理人でした。

ウニ
グスタビア
グスタビアは、「天国の蓮」(heaven lotus)とも呼ばれる熱帯アメリカ原産サガリバナ科の常緑小高木です。

昨年の夏、幹の上の方がブツブツしてきたので蕾がでるのかなと思ったら違いました。
代わりに幹芽が出てきて、枝が出るのかと思いきやそのまま動きなし。
グスタビア①g

グスタビア②g

今年になって葉が殆ど落ちてしまい、心配していたところ、昨年止まっていた芽が動き出しました。

グスタビア③g

1年も経ってから動き出す芽って、すごいですね。
熱帯の木は、まだまだ神秘的な部分がいっぱいです。

ウニ
Copyright © 2020 トロピカルに暮らそう. all rights reserved.